弊事務所に刑事の案件(警察に捕まってしまった方の案件)を依頼していただく際の流れをご案内いたします。

民事の案件と大きく異なる点は、電話でご意思が確認できれば、契約書の作成や着手金・実費のお振込みを待たずに、警察署に伺うという点です。

①お電話またはメールで、お問合せ【初回無料】

※対面相談をご希望の場合には、もちろんお受けいたします。ただし、対面相談をしている時間も惜しいとお感じになることが一般的です。

※夜間・休日でも、メールは確認いたします。刑事の案件は、夜間・休日も対応できることがあります。

②お電話で案件の内容の確認・弁護士費用の見積もりを口頭で提示・契約意思の確認【初回無料】

※お電話をしてくださった方か、警察に捕まってしまった方ご本人との契約となります。なお、口頭でも契約は有効ですのでご安心ください。

③警察署に出向き、実際に捕まってしまった方との面会【有料】

※実際に捕まってしまった方に話を伺い、より正確な見通しを立てられるようにいたします。

※平日にご連絡いただいた場合には、原則として、当日中に警察に行きます。
当日中に行くことが不可能な場合でも、原則として24時間以内に警察署に行きます。
もちろん、いつ警察署に行けるかは、お電話でご説明いたします。

※「取り急ぎ、1回だけ面会してほしい」というご要望にもお応えします(ただし、正式契約がないと、
面会後、直ちに身体拘束解放に向けての弁護活動ができなくなるため、あまりお勧めできません。)。

④面会のご報告・契約書の送付・着手金や実費の請求

※面会結果のご報告をし、より正確な見通しをお伝えします。
※契約書にご署名ご押印いただき、着手金や実費をお振込みいただきます。
ただし、警察に捕まってしまった方ご本人が契約者となる場合、お勤め先の身分証明書を確認できれば、後払いになることがあります。

⑤案件の処理

※原則として、遠距離移動案件以外は、案件が長引くことによる着手金の増額はありません(実費の増額はありえますのでご了承ください。)

⑥案件終了・実費や報酬金の精算

 

 

新清水駅から徒歩約5分・さつき通り沿い054-625-5757営業時間 平日9:00-20:00
(土日・祝日・夜間も対応可能な場合があります。)

メールでのお問い合わせはこちら