静岡市清水区で法律事務所を経営している、弁護士の浅井裕貴です。

弊事務所が取り扱える案件の例をご紹介します。

あくまで一例であり、その他のご相談にも対応させていただきます。

インターネット・SNS

・インターネットの掲示板に、名誉棄損的なことを書かれたので、削除してほしい。
・Twitter、LINE、インスタグラムなどのSNSで中傷された。慰謝料請求したい。
・名誉棄損的なことを書いた人物を特定して慰謝料請求したい。
・サクラサイトの被害に遭ったので、相談に乗ってほしい。

相続

・永年、疎遠だった親族と直接相続の話をするのはためらわれるので、自分の代わりに相続の話をしてほしい。
・自分が先祖伝来の土地建物をもらい、相手が現金をもらうところまでは話がついている。しかし、相手は先祖伝来の土地建物を過大に評価しているので話がまとまらない。力を貸してほしい。
・自分は亡くなった人の子なのに、遺言書に「第三者に遺産を全部譲る」と書かれていた。何とかならないか。

成年後見(保佐・補助を含む)

・親族が、判断能力を失って、悪徳業者に食い物にされている。何とか助ける方法を教えてほしい。
・自分の患者が、施設入所したいといっているが、どう考えても単独で契約できる判断能力がない。契約できるようにしてほしい。

司法ソーシャルワーク(福祉と司法の連携)

・自分が関わっている方が、借金の督促で困っている。借金の整理をしてほしい。
・入院中の方が、年金の搾取をされているようだ。成年後見の手続きをしてほしい。
・障がい者の方が犯罪に巻き込まれている。手助けしてほしい。

事業者様支援

・契約書のチェックをお願いしたい。
・社員が、紛争に巻き込まれているので、相談に乗ってあげてほしい。
・株主総会を円滑に進めるべく、力を貸してほしい。
・退職する社員が機密情報を持ち出さないような手段を考えてほしい。
・自社について、事実無根なことをインターネットの掲示板に書かれた。削除し、書き込み者に対して損害賠償請求したい。
・自社のミスで顧客に損害を与えてしまった。謝罪のうえ適切な額を支払いたい。
・商標について相談したい。
・クレームが法律上正当なものなのか、過剰なものなのか、意見を聞きたい。
・事業承継をどうしたらよいのか、わからない。
・現在の事業を法人化したい。

交通事故

・交通事故に遭ってしまった。保険会社からの慰謝料提示額が安いので、交渉してほしい。
・交通事故の過失割合に納得がいかない。裁判で決着をつけたい。
・交通事故で後遺症が残ってしまった。示談金を請求したい。

刑事事件

・家族が警察に捕まってしまった。どうしてよいか分からない。
・まだ捕まっていないが、何度も警察に呼ばれている。不安だ。
・捕まってはいないが、起訴されたという連絡が来た。
・冤罪で逮捕された。不起訴や無罪を目指して弁護してほしい。

離婚

・離婚したい。
・浮気されたので、損害賠償請求したい。不倫相手にも請求したい。
・DVを受けたので、保護命令を出してほしい。
・逃げることができたが、生活費がない。取り急ぎ生活費(婚姻費用)を請求したい。
・親権者は自分になりそうだが、ちゃんと養育費も請求したい。

借金

・過払い金があると思うので、請求したい。
・月々の支払額が高くなって返済が大変だ。月々の返済額を下げる交渉をしてほしい。
・もはや借金が返せない。自己破産したい。
・借金が返せないが、どうしても家だけは失いたくない。個人再生をしたい。
・もう時効になっているはずの借金の支払いを求められて困っている。

労働

・残業代が未払いなので、請求したい。
・残業代が出ない。サービス残業させられている。何とかしてほしい。
・退職金制度があるのに、なんだかんだ理由をつけて払ってもらえない。請求したい。
・突然解雇された。復帰したい。復帰が叶わないならば、正当な金額を請求したい。
・働いている最中にけがをした。治療費以外が支払われないが、正当か。
・家族が自殺をした。過労ゆえの自殺だと思う。労災認定を受けたい。

外国人

・ビザが切れてしまいそう。ビザの更新をしたい。
・本国から迫害を受けて逃げてきた。難民申請をしたい。
・日本に何年もいて、日本語も堪能である。帰化をしたい。

その他

・生活保護の窓口に行ったが、申請できなかった。生活保護の申請に同行してほしい。
・今、自分は精神病院に入院中である。しかし、自分は治ったので、退院したい。退院できなければ、せめて、処遇改善を求めたい。
・訳あって子が無戸籍状態である。子の戸籍を作りたい。

新清水駅から徒歩約5分・さつき通り沿い054-625-5757営業時間 平日9:00-20:00
(土日・祝日・夜間も対応可能な場合があります。)

メール・LINEでのご相談はこちら このバナーをクリックして下さい。