私は、民事事件でなく、刑事事件も取り扱います。

そこで、刑事事件についてもお話したいと思います。

基本的には、上から順番にお読みいただくことを想定して作成しました。

しかし、興味のあるところからお読みいただいても、大丈夫です。

〇捕まったらどうなる?

〇刑事事件で弁護士は何をしてくれるのか

〇保釈とは

なお、刑事事件に関する弁護士費用の目安は、以下のとおりです。

着手金等

着手時の状況着手金
身体拘束前
27万5000円
身体拘束中かつ起訴前(家裁送致前を含む)33万0000円
否認事件または接見禁止がついている事件+11万0000円
起訴後または家裁送致後(いずれも第一審に限る)
27万5000円
否認事件または裁判員裁判+27万5000円
1回限定の面会(ただし、伝言はしません。)
5万5000円
第2審以降別途協議
※第2審については、第1審からの継続なのか否か、控訴・上告した理由は何か等によって、弁護活動も変わってくるので、協議とさせていただきます。

成功報酬等

成果報酬金額
無罪110万円
罰金(略式命令を含む)27万5000円
全部執行猶予33万0000円
求刑の8割以下(8割を含む)の実刑27万5000円
不起訴(起訴猶予など)33万円
勾留請求阻止・勾留請求却下・弁護側準抗告認容・勾留取消1回あたり22万円を追加
示談成立1件あたり11万円を追加
処分保留釈放0円
認定落ち起訴11万円~22万円を追加
保釈認容決定1回あたり22万円を追加
※認定落ちとは、被疑事実よりも軽い犯罪で起訴された場合を指します。
(例:傷害で逮捕されたが、暴行で起訴された場合)

※裁判員裁判対象事件が、非対象事件になった場合には+22万円を頂戴します。
(例:強盗致傷で逮捕されたが、窃盗と傷害で起訴された場合)

新清水法律事務所(新清水駅から徒歩約5分・さつき通り沿い)054-625-5757営業時間 平日9時~20時※土日祝日・平日夜間も、空きがあれば対応可能です。※お電話は、平日9時から18時が繋がりやすいです。

メール・LINEでのご相談はこちら(24時間365日受付中です。初回の1通目は無料です。) このバナーをクリックして下さい。