相隣関係の案件の受任

先日は、相隣関係の案件を受任しました。

「相隣関係」というと大げさに聞こえるかも知れませんが、要するに、ご近所トラブルです。

トラブルの原因は、騒音です。しかも、生活音です。決して、ピアノがうるさいとか、カラオケがうるさいとかそういうものではありません。ピアノやカラオケなら、最大音量を定めたり、音を出してよい時間帯を決めれば解決に向かいやすいです。

しかし、生活音となると、最大音量や時間帯を決めることはできません。
難しい案件になりそうですが、ご近所同士の関係を修復するべく、力を尽くそうと思います。