借金の対応方法は、大きく分けると、2つしかありません。

1 返済する。

2 返済しない。

そして、当然ですが、いずれも法律にのっとった方法があります。
したがって、借金で自殺する必要は全くありません。
借金で苦しかったら、弁護士に相談してください。

なお、「返済しない」の一種といえるのが、時効の主張と過払金請求です。
併せてご説明いたします。

 

借金への詳しい対応方法は、以下のとおりです。
ご覧ください。

1 返済する

(1)任意整理

(2)特定調停

 

2 返済しない

(1)自己破産

(2)民事再生

 

3 その他

(1)時効

(2)過払金請求

任意整理

〇任意整理 任意整理とは 借金を返していく方法として、もっともポピュラーなのが、任意整理です。 任意整理とは、現時点での借金の残高を計算し、月々返済できる金額まで返済額を...

詳しくはこちら

過払金

〇過払金 過払金とは もう、連日連夜テレビCMで過払金のことが取りざたされているので、 食傷気味の方もいらっしゃるかも知れません。 ただ、今でも過払金が出ることはありう...

詳しくはこちら

特定調停

〇特定調停 特定調停とは 特定調停とは、「個人・法人を問わず,このままでは返済を続けていくことが難しい方が, 債権者と返済方法などについて話し合って,生活や事業の建て直しを図...

詳しくはこちら

自己破産

〇自己破産 自己破産のメリット 借金の対応で、私が扱うのがもっとも多いのは、自己破産です。 (ここでは、自己破産の中に「免責」の意味も含むとしてくください。) 自己破産...

詳しくはこちら

民事再生

民事再生とは(ここでは、小規模個人再生を念頭に置いています。) 民事再生は、自己破産と異なり、借金のうち2割程度(借金の額によって異なります。)を、 3年間で返すというものです...

詳しくはこちら

時効

〇時効 時効で押さえておきたい2つの点 時効には、取得時効と消滅時効があります。 ここでは、消滅時効のお話をさせていただきます。 ……と堅苦しく初めてしまいましたが、 ま...

詳しくはこちら

新清水駅から徒歩約5分・さつき通り沿い054-625-5757営業時間 平日9:00-20:00
(土日・祝日・夜間も対応可能な場合があります。)

メールでのお問い合わせはこちら