アディーレ法律事務所さんに依頼をしていた方へ2

伝聞で恐縮ですが、アディーレ法律事務所さんが、順次、事情を説明した依頼者の方に書類を送っているそうです。

おそらく、「法人としては、一旦辞任せざるをえなくなった」旨の書類だと思われます。

依頼者の中には、「今までの先生でよいから個人として受任してほしい」と思っていらっしゃる方もいると思います。ただ、弁護士会の規定上、アディーレさんの弁護士さんから、「私が、個人として受任します」とはいえないのです。したがって、アディーレさんから送られてきた書類の中には、「これまでの担当弁護士が、個人として受任します」とは書いていない可能性が高いです。
そこで、今までの先生に受任してほしいと思っていらっしゃる方は、ご自身で、その弁護士さんに連絡を取り、「個人として受任してほしい」とおっしゃってください。ひょっとしたら、受任してもらえるかも知れません。

「弁護士を交代したい」「受任を断られた」「どうしてよいか分からない」という場合には、お近くの弁護士会や法テラス、あるいは法律事務所にご相談ください。

特に、現在、訴訟中の方や返済代行をお願いしている方は、相談をお勧めいたします。たとえば、訴訟が止まると、1か月以内に、「この日に裁判をやってくれ」という申立てをしない限り、裁判は取り下げたとみなされることがあります。被告側(訴えられた側)なら、までよいのですが、原告側(訴えた側)はもう1回裁判をやりなおす羽目になります。返済代行が止まると、不払いと同じことになりかねず、分割払いが認められなくなることがあります。

もちろん、弊事務所でもご相談をお受けいたします。アディーレ法律事務所さんに依頼をしていた方に限り、初回対面相談を30分無料といたします。不安解消に、ぜひ、ご利用ください。

弊事務所の電話番号は、054-625-5757です。土日休日は、この「メールフォーム」からメールでお問い合わせください。

 

 

コメントを残す